• ホーム
  • マイアカウント
  • お問い合わせ

配水管の水漏れ対策

人間の生活に必要不可欠な水は、水道管によって様々な場所へ配給されています。
その水を配給するための「配水管」が破損してしまったら大変です。

水漏れに気づく

以下のような場合は水漏れしている可能性があります。
・水道料金が通常より高い。
・配管している壁面や羽目板などが濡れている。
・使っていないのに水が流れている。
・水を使っていないのにポンプがたまに動いたり、高架水槽や受水槽から水が溢れたりする。
・下水溝やマンホールに、いつもきれいな水が流れている。

水漏れを調べる

水漏れを調べるには以下のような方法があります。
・目や耳で調べる
蛇口や壁に耳をあててみます。水の流れるような音が聞こえたら水漏れの可能性があります。
・水道メーターで調べる。
調べたい建物の蛇口をすべて閉め、水道メーターを見ます。銀色のパイロットが回っていれば配水管のどこかが水漏れをしています。
どのへんの配水管が水漏れを起こしているのか調べたい場合は、まず水を使用していない時に水道メーターを見て、回っているのを確認します。建物中の水抜き栓を閉めます。
そして再度水道メーターを確認した時に回っていれば水抜き栓までに繋がっている給水管からの水漏れが考えられます。
もしこの時に水道メーターが回っていなければ、閉めた水抜き栓を一つずつ開け水道メーターをチェックします。
開けた際に水道メーターが回ればその水抜き栓の繋がりの配水管からの水漏れが考えられます。

応急処置

すぐに業者が来ることができない場合、緊急の応急処置を施す際、急速にそして強力に補修ができる補修材がおすすめです。水まわりでも強力な接着力をもつ補修材なら配水管の水漏れにもご利用になれます。

当ショップでは、硬化時間が早く、様々な環境下でも接着することができる補修材を通販にて販売しております。
漏水補修テープ(アーロンテープ)で仮止めし、さらに上からユニボンドで補強することにより漏水を防ぐことができます。
主剤と硬化剤を混ぜるタイプのパテ状の補修材なので垂れる心配もなく、簡単にすばやく作業をすることができます。
また、無溶剤タイプで汚染や毒性の心配なく、安全性にも優れています。配水管の他にもご利用なれますので、もしもの備えにご用意されておくことをおすすめします。


有限会社西谷商会 TEL03-3843-4261